CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチディスプレイの手法3

前回の続きの話です。

7.壁または壁状のものへの取り付け
 モニタアーム CR-LA303 を壁に取り付ければモニタが装着可能です。
 これは2箇所留めですが詳しくはこちらをご覧ください。

 これで不足の場合は適当に4箇所ぐらい別の穴を追加して処理すればいいでしょう。
 事前に金具を外して加工ができるので便利ですが、この手の金具の場合は場所を
 どこにするかが難しく、後から修正すると使用しない穴が出てきます。
 
 以前にTVを似たような金具で壁に取り付けたことがありますがその時も位置を確定
 するのに悩みました。
 台形の金具に落とし込む形なので他のどの手法より取り外すのは簡単ですが付属の
 台を外しているので一時的な置き場所に困ります。

 1段目に利用するにはいいでしょうが、2段目に配置するには高さをどう確保するかで
 問題となるでしょう。


 こちらのラックを併用する手もあります。

 また圧縮合板をテーブルに立掛けて壁状にする手もあります。

 テーブルの後ろに本棚などを逆向きに配置してそれを壁として取り付ける
 手法もあります。
 その場合はモニタのケーブルなどの処理などは事前にして置かないといけない
 というメンテナンスの問題が出てきます。 


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。