CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Draw to Raster Poly

CAM350の編集作業の続きのお話です。

Draw to Flash 変換できない面取りした四角形や複雑な形状の場合は
Draw to Raster Poly 変換で対応することが可能です。

またTOP/BOTのべた塗りのアースなどの線画もPolyに変換ができます。
欠点はDXFにした場合に輪郭だけと認識せず、塗りつぶした図形として処理されるので
機構設計CADやAltiumで重くなることです。

CAD変換することでPCADやPADS経由でAltiumに変換した場合はそれは解消されます。
またべた塗りのアースが一つのポリゴンなのですぐに削除できます。
利点でもありますが誤って消す場合もあります。



シルクレイヤでべた塗りのロゴもポリゴンなのでAltium側でのレイヤ移動や扱いが
楽になります。
スポンサーサイト

Category : CAM

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。