CAD支援ソフト探索2

プリント基板設計CAD(P-CAD/AltiumDesigner)にSolidoworksを併用

スポンサーサイト

--:-- ...Posted

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルチディスプレイ18

イレクターでディスプレイスタンドが製作できるのではないかとトライしてみました。
(但し、JB-701だけはヤザキではなく、スペーシアシリーズです。)

JB-701の取り付け穴は100mm間隔になるように寸法を調整してあります。
詳しいことはこちらの記事を参考にしてください。




その間に敢えて107mmのパイプをHJ-1で取り付けているのは強度のこともありますが
ディスプレイの高さを調整する時の仮止めで、重いディスプレイがずれて下がるのを防止
する意味があります。

24インチディスプレイの装着を想定していますが、縦置きでも問題ないサイズとなって
います。
(但し、複数台の場合は下部のイレクターパイプ同士が接触するのでNGで
その場合は現状のV、L型ではなくてH型に変更するしかないでしょう。)
横置きの場合は垂直の450mmパイプは数センチ程度をカットする必要でてくる場合が
あります。
サイズが確定したらこちらもJ-49のキャップをした方がいいでしょう。
当然ながらこの構造ではディスプレイは垂直のままで角度の微調整はできません。
横置きの場合は下部の空き(高さ)は15cm程度は確保でき、それ以上に上げることも
可能です。

製作したのはいいのですが、装着するディスプレイがないのでこのまま保留です。
見栄えは製作前から気になっていたのですがディスプレイを装着すると見える部分が
減るので下部だけなら許容範囲かもしれません。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。